2016年

12月

23日

2016☆ありがとうございました☆

 

本年も ご愛顧を賜り 厚く御礼申し上げます。

皆様が ご健康で 佳き新年を迎えられますよう 心よりお祈り申し上げます。

同じ空の下より たくさんの感謝の気持ちをこめて・・・ ☆

 

くまから

 

 

 

 

 

 

2016年

12月

16日

12月の光

大仏さまで有名な高徳院。(12月7日)
漆喰壁の白に映えるナンテンの赤い実。西陽と風が壁に映す影。

 

束の間であろう光に吸い寄せられました。

 

 

 

 

お寺や神社の境内に一歩入ると、途端に空が近く感じられて、

その不思議を味わうのが好きです。

 

  

 

 

 

 

 

 

東慶寺の十月桜。

(12月10日)

背景の黄色はイチョウ。


雪が散りばめられたように咲く冬の桜。

春の華やかさとは対照的。

 

ツボミも散った後のガクも全て、美しい佇まい。

 

 

 

長谷寺から望む相模湾。

 

葉の落ちた木も風情があって良いものです。

 

 

波に合わせて深呼吸。

 

忙しいからこそ、鎌倉にいらっしゃいませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

11月

03日

太陽と月と海と。朝と夕と。

早朝の月です。

西の空に ぷっかり ふっくら

輝いていたので

切手を貼った郵便物を持って

ポストまで散歩。

 

のつもりが…

朝明け空に導かれて、材木座海岸へ足が向いていました。

爽やかな空気で満ちていました。

影の長さを見て 季節と時間を感じるのも楽しいですね。

海を背にすると、134号線の向こうからお日様が。◯

雲をほんのり染めながらキラキラと昇ってきました。

 

太陽と月にはさまれて、平和な時間が流れます。(撮影:10月20日)

 

 

 

 

 

材木座海岸はこちらの写真の方が馴染み深いかもしれません。

空と海の間で深呼吸。体も心も喜びます。

この夕焼けは少し前、10月16日のもので、西に日が沈んだ後…

東から まんまるの月が昇りました。

 

 

 

太陽から月へのバトンタッチ。

月から太陽へのバトンタッチ。

 

どちらもわくわくしますね。

 

 

 

そして11月3日。

 

沈む太陽を追いかけるようにして月も西の空へ。

 

暗くなるほど地球照(グレーの部分)が

くっきりと輝きを増します。

 

 

この様子を眺めることのできる時間が本当に幸せです。

 

時系列ではなかったので、お散歩だけでなく時間旅行にお付き合い頂いた気分です…ありがとうございます。

 

 

同じ空の下より、皆様のご健康とご多幸をお祈りしております。☆

 

 

 

 

 

2016年

10月

15日

秋の彩り

すっかり秋ですね。

 

おんめさま(大巧寺)の山門がムラサキシキブで彩られていました。

 

 

 

 

 

 

境内におじゃまして歩みを進めるとホトトギス。

 

秋の草花はしっとりとした佇まいで、静かにゆっくり観賞する時間は とても贅沢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「雲見」も楽しいですね。

 

夕暮れ時、カーテンがオレンジ色に染まったのでベランダへ出てみたら空が何とも鮮やかで。

刻々と変化する様子に目を奪われました。

 

  

 

数時間後には 澄んだ夜空が広がって、

KUMAKARAのくまも嬉しそうに月光浴。

 

寒さに戸惑いましたが、思いがけず流れ星を見ることが出来ました★

 

   

 

お客様も一緒に見ることが出来て、とても感動的でした。

「りゅう座流星群」かもしれません。

空の彩りも嬉しいシーズンです。

 

オリオン座流星群も楽しみですね☆

 

皆様の心にも彩り溢れる秋でありますように♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

8月

21日

夏の光

江ノ電「鎌倉高校前」駅前の海岸からの一コマ。(8月1日撮影)

二重の虹 ◎ ダブルレインボー。

賑やかな海岸とは趣が異なり、空を大きく眺めることが出来て贅沢な場所です。

虹の根っこが海の底にあるような楽しい錯覚がおきました。

あっという間に消えてしまいましたが、儚いからこそ記憶に強く残る光。

 

虹の反対側は
ほんのりと夕焼け色に染まる夏雲と江ノ島でした。

 

 

 

 

 

 

 

鶴岡八幡宮からは「ぼんぼり祭り」の風景を♪

約400灯のあたたかな光。

8月8日、月明かりの下、舞殿にて 雲龍さんとKNOBさんによる献奏がありました。

 

刻々と空模様が変化し、拝聴した前後を含め とても印象的な時間でした。

雲龍さんの伸びやかで透き通るような笛の音色とKNOBさんの力強い言霊・音霊が、不思議な輝きをもって 空と大地を、また過去と「今」と未来をまっすぐに繋いでいました。

数々のぼんぼり作品の中、ひときわ柔らかな光を放っていたのがこちら。

 

宇宙飛行士の山崎直子さんの書でした。

実際に宇宙へ行って地球の碧い光を体感された方の言葉には説得力があります。

心にすーっと響きました。

 

 

 

 

 

Kumakaraより、鎌倉の夏の光を何コマか お届けでした。

おわりに、朝焼けに ほんのり茜色に染まる雲と月齢17の月を。

 

みなさまはどんな空を見上げ、どんな光を浴びているでしょうか?

夏休みの方もそうでない方も、心に彩りを感じられるような日々でありますように…

同じ空の下よりお祈りしつつ。

 

 

 

 

2016年

7月

14日

ことほぎ

梅雨の晴れ間に、きらきらと水玉をまといながら輝く小さな花。
お庭にありながら、お恥ずかしながら今年初めてちゃんと観察しました。

お正月に目にする赤い実でお馴染みの「万両」です。

この白く爽やかな花から赤い実が生るなんて、植物の世界は神秘に満ちていますね。

お庭を小宇宙のように感じます。

 

花言葉の「寿ぎ(言祝ぎ・ことほぎ)」も縁起が良く、大町まつりの時期にぴったりですね。

今年は、7月9,10,11日が「大町まつり」でした。

 

お昼のお渡りや武道奉納は大雨で中止となってしまいましたが、夜の御神輿は神気極まり幻想的でした。

 

また7月9日は、七夕に打ち上げられたソユーズから大西宇宙飛行士が国際宇宙ステーションにドッキング・入室した日でもありましたね。

 

 

大雨のあと夜空がぐんぐん晴れ渡り、KUMAKARAからも「きぼう」の光を観測することが出来ました。

宇宙飛行士の皆様のご活躍とご無事をお祈りしながら手を振りました。

 

鎌倉の空の下より、同じ地球の上の皆様のご健康と心の平安を天の川に願っております。

 

 

 

 

 

 

2016年

6月

05日

きぼうの輝き

梅雨入りが発表されましたが、少し変わった空の話題を2つご提供いたします♪

こちらの白い一筋の光は 国際宇宙ステーション(ISS)を長時間露光で捉えたものです。
KUMAKARAから撮影しました。(5月29日19:37)
日本が開発する実験棟「きぼう」に大西宇宙飛行士が搭乗する日が迫っていてワクワクしますね。
条件が合えば肉眼で観測出来ますので、ご興味のある方はJAXAのweb site("きぼう"を見よう)をご覧になってみてください。

 

 

続いて。火星が地球に最接近して、ニュースでは「スーパーマーズ」と賑わっていましたが、KUMAKARAからも撮れました。(5月31日21:00)
赤い火星(右上)と土星(左中央)に囲まれるように、さそり座(中央)が輝いていました。

 

 

また、視線を落とすと小川にホタルが舞う時期となりました。


様々な光に囲まれ、地球の美しさを実感できる環境に身をおけるということが本当に有り難いです。


日に日に暑さが増しますが、お体を大切にお過ごしくださいね。
同じ空の下より、皆様のご健康を願いつつ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

5月

01日

谷間のひめゆり

KUMAKARAのお庭でひっそり、けれど凛とスズランの花がハートのリズムを奏でています。

7年ほど前にいただいたお花が毎年咲き続けて元気をくれるなんて、奇跡のようです。

別名は「谷間の姫百合(タニマノヒメユリ)」「君影草(キミカゲソウ)」というそうで、とても奥ゆかしくて魅力的です。

 

フランスでは「鈴蘭(ミュゲー)の祭日」といって、5月1日にスズランを贈られると幸せになると言われています。

 

スズランの素敵なエピソードを知ったら、皆様にお届けしたい気持ちで溢れました。

 

鎌倉の小さなお宿の小さなお庭から、大きな愛を皆様に。☆

 

 

 

 

 

この度の大きな地震、自然災害によって大変な出来事に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

お辛い中でも、心の中にほんの少しでも平安な時を保てますように、お体を大切にされてどうかどうか乗り越えられますように、心より祈念しております。

 

 

 

 

 

 

 

2016年

4月

15日

芽生え

若葉の季節。

 

KUMAKARAの玄関アプローチのサマーアイビーの若葉がぐんぐん大きくなっていきます。

 

 

きらきら輝く柔らかな息吹。

 

赤から緑に変わって行く様子が不思議で楽しくもあります。

 

 

 

 

新緑が美しい中、ひときわ映える葉を持つ木が一本。

 

お客様のお部屋からも望めますので、深呼吸のお供にいかがでしょう。

 

お掃除の合間にも目から心を潤わせてくれています。

 

 

 「春もみじ」です。

真っ赤な葉が、春色の青空にも映えて
眺めていると贅沢な気持ちになります。

 

 

 

一日一日が

本当にかけがえのない瞬間の連なり。

 

当たり前のようで当たり前じゃないことたちに、改めて感謝の気持ちでいっぱい。

 

 

生きていると様々なことに直面しますが、

常に「今」を大切にしながら歩んでいきたいものです。

 

 

 

みなさま、良い日々を♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

3月

03日

桃の節句

今年も ひな人形を出しました。

京都風の木目込み人形は ほっくりした雰囲気。

こちらのおひな様は檜扇を開かずに閉じていて、少数派かもしれません。

比べてみるのも楽しいですね。

ひな飾りには桜橘(さくらたちばな)が欠かせませんが、

「右近の橘」「左近の桜」といって御所の紫宸殿と同じ配置とのこと。

 

 

 

桜と橘には古来より「魔除け」「邪気払い」の力があるとされてきたそうです。

 

カウンターには桃の花・菜の花に加えてミモザも生けてみました。

桃にも邪気払いの霊力が備わると言われていますね。

 

季節の木花とともに味わう伝統行事、知れば知るほど奥深く、意味を知ると楽しいです。

 

 

みなさまのご健康を願いつつ、季節のお便りでした。

 

 

 

 

 

 

2016年

2月

10日

旧暦新年

稲村ヶ崎海浜公園からの風景。相模湾と富士山と江の島と細い月と。

 

 

旧暦の大晦日から睦月朔日にかけて、

Kumakaraのお庭の夏みかんでオレンジピールを仕込み、今日は仕上げ作業。

していたら…

 

どうしても月に見えてしまいまして

少し道草。

 

空にかざしてみたりして遊んでみました。

 

 

 

 

 

沈む直前の月も撮影出来ました。

 

満ちゆく月の姿を愛でられる時期。

 

みなさまは どんな空を見上げていますでしょうか。。◯

 

お体を大切に、良い春をお過ごしくださいね♪

 

 

 

 

 

2016年

1月

19日

雪と梅

KUMAKARAの梅の花が咲き始めました。
少し弱っていた木でしたが、昨年 植木屋さんに剪定して頂いたおかげもあって、元気に咲いてくれました。

感謝の気持ちとともに、植物のもつ生命力に本当に励まされております。

こちらの心配をよそに、前日の吹雪にも負けず、開きかけの花びらは無事でした。

 

 

 

奥ゆかしいお姿。◯

 

 

 

 

 

 

 

1月18日の朝、鎌倉には初雪が降って、

KUMAKARAの最寄りの材木座海岸も雪と氷のお化粧をしていました。

なかなか幻想的な風景でした。

 

交通も大きく乱れていたようですが、皆様はご無事でしょうか。

 

 

どうか ご自愛くださいね。☆

 

 

 

 

 

 

2016年

1月

01日

HAPPY NEW YEAR 2016

本年もどうぞ宜しくお願い「申」し上げます。

 

 

除夜の鐘の響きを浴びながら見上げた空には、オリオン座やおおいぬ座が輝き、

 

「初月の出」には木星が寄り添っていて、お月さまもニコッと笑っているように見えました。

 

 

新しい年が、笑顔あふれる素晴らしい日々でありますように。

 

 

 

 

同じ空の下より、

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りし上げます。☆